かいし音楽教室の特徴

楽しい!という気持ちを大事にしています。

子どもの想像力がぐんぐん育ちます

人はお母さんのお腹の中にいる時から、様々な音を聞き、感じ、そして生まれたその日から、さらに「生きた音」とのコミュニケーションが始まります。幼いうちからたくさんの音楽に触れることにより、音に対する感覚はとても豊かになり、様々な感情を生み出しこころの成長にも繋がっていきます。

音楽は「こころ」を育むもの。レッスンではいつも笑顔が溢れています。

演奏する、ということは、自分を表情する、ということ。豊かに育った感性や想像力を活かし、自分の気持ちや感じたことを表情豊かに表現できるレッスンを目指しています。

ひとりひとりに合わせて

かいし音楽教室では、それぞれの個性や成長に合わせたレッスンを心掛けています。挨拶や姿勢など基本的なマナーも学びながら、ひとりひとりに合わせた指導法により、音楽とふれあうことの楽しさや喜びを講師と共有していきます。

集中して自分と向き合う事も大切です。

好き!や楽しい!を音にする素晴らしさを身体中で感じ、無限の可能性を秘めた子どもの好奇心や想像力が「生きた音」となるよう願っております。